レーシングゼロ2WFが登場!シリーズの総決算ともいうべきその実力とは!?

2Way-fit-rim


フルクラム専門店
フルクラムフィールド
店長の川内です。

過ごしやすい陽気ですね!
こんなときはバリバリ走り回りたいですね!!

遠出が色々と難しい状況ですが、、、
何とか心とカラダの健康を維持できるよう

ロードバイクとともに
楽しく生活していきたいです。

 

さて、今回はフルクラム2022の最新情報です!

フルクラムの代名詞といえば、
レーシングゼロに他ならないでしょう。

今回、そのレーシングゼロシリーズが、
遂に大きくその構成を変えてきました。

これはフルクラムファンにとって
大ニュースです!!!

早速その詳細を紐解いていきましょう!

シリーズの総決算、レーシングゼロ 2WFが登場!

レーシングゼロで革命が起きたのは
リムブレーキモデル
です。

具体的には3モデルが姿を消し
新たに1モデルが追加されました。

RACING-ZERO-NITE

カタログから消えたのは
レーシングゼロC17
レーシングゼロナイト
レーシングゼロコンペティツィオーネ

 

そして新たに登場したのが
レーシングゼロ2WF
(Racing Zero 2WF)
です。

racingzero2wf-rear

fulcrumwheelsより引用

結論を一言で言えばこれら
三つのモデルを一つに集約した
イメージです

レーシングゼロ2WF 登場の背景とは?

ロードバイク界のメインストリーム
すでにリムブレーキからディスクブレーキへ移っています。

そのためホイールメーカーも
新技術はディスクブレーキモデルから投入し、
ラインナップを充実する傾向にあります。

ディスクブレーキ

フルクラムについては、昨年までに
レーシングゼロはじめエントリーモデルから
最上級のスピードシリーズまで
ディスクブレーキのラインナップが勢揃いしました。

そのため全体として商品数が多い状態にあります。

今回の変更は長らく手を加えられなかった
リムブレーキモデルのアップデートと、
商品数の問題を解決するためのものと考えられます。

これは時代の流れに沿った自然な変革と言えるでしょう。

気になるレーシングゼロ2WF の実力は?

レーシングゼロ2WFの性能は今までのレーシングゼロ C17より向上しています。

一番大きいのは2Way-Fitの採用です。
これによりクリンチャーだけでなく
チューブレスタイヤも履けるようになりました。

2Way-fit-rim

チューブレスタイヤを実際に履いてみると、装着のとき多少戸惑いがあるかもしれませんが、

その走行中の快適性やグリップ力
といった恩恵の方が大きく感じられます。

今まで
レーシングゼロシリーズのリムブレーキで
この恩恵を受けられる2 Way-Fitは
コンペティツィオーネだけでした。

また、ナイトでおなじみの
反射ディテール
形を変えて2WFにも採用されています。

このように、レーシングゼロC17
他の二つのホイールの
長所を組み合わせた仕様になっています。

racing-zero-c17

※レーシングゼロC17の画像

さらに、カタログ重量は5g軽くなっています。

それなのにフルクラムが提示した定価はレーシングゼロC17と変わっていません

以上のように、レーシングゼロ2WFは、
レーシングゼロシリーズの、いや、
もっと言えばフルクラムの高い技術力伝統

そしてレガシーを引き継ぐ
高性能ホイールと言えるでしょう。

 

リムブレーキバイクを愛する
全てのライダーにおすすめできる、

レーシングゼロ最強の
オールラウンドホイール、

Racing Zero 2WF

好評発売中です!

商品ページはこちら
↓↓↓
レーシングゼロ 2WF

 

フルクラムのことなら、
専門店フルクラムフィールド
お気軽にお問い合わせください。