フルクラム2020

フルクラム2020最新情報!!スピード40DBが登場♪19mm+23Cが楽しめる万能ミドルハイトリム!

  • LINEで送る
びわ湖の夕方

フルクラム専門店

フルクラムフィールド 店長の川内です。

 

この頃本当にいい天気ですね!

仕事中もロードバイクに乗りたくて
うずうずしちゃいます^^

最近お気に入りのスポット、
びわ湖の風景です。

新緑の季節を迎えて、

夕焼けと緑の色合いが、本当に綺麗です。

びわ湖の夕方

 

ここ数日、フルクラムの

最新モデルについてのお問い合わせを

よくいただくようになりました。

 

私もいち早く知りたいです!

だからその気持ちはよくわかります^^

つい先日、

フルクラム2020モデルの先陣を切って、

スピード40DB

が発売されました!!

 

今回はその素顔に迫ります!

 

最新テクノロジー満載!スピードシリーズの自信作♪

スピード40 DBの位置づけは?

スピードシリーズは、

プロチームと共同で開発され

プロもまさに愛用している

現役バリバリのホイールです。

 

そんなスピードシリーズにあって、

最初のクリンチャーモデル、

スピード40Cが2016年に登場しました。

 

アマチュアライダー向けにも大変好評で、

各地のレースでも、

ビワイチのようなロングライドでも

見かけるようになりました。

 

そしてプロも含めて

昨今のディスクブレーキ化の波があり、

 

フルクラムは積極的に

リムブレーキモデル

ディスクブレーキ化する形で

ディスクブレーキモデルを展開してきました。

 

スピード40DBは、

スピード40Cを元にして(と考えられる)、

ディスクブレーキモデルになります。

スピード40Cを元にしたといっても、

全く別のホイールに仕上がっています

 

その詳細を見ていきましょう。

 

speed40db-ride

参照:bicidastrada

 

気になるスペックは?40Cとの比較も交えて徹底検証!

スピード40Cとの比較

同様な主な仕様 主な新仕様
40mmリムハイト ディスクブレーキ
ツイルカーボンリム 専用設計リム
USBベアリング リム内径19mm
ステンレススポーク 2Way-Fit
2:1テクノロジー  
MoMag  

 

40mmリムツイルカーボン

USBベアリングの採用などにより

40Cの基本性能は引き継いで

 

スピード40 DBは

新しい思想で設計されています。

 

 

リムブレーキでは存在した

ブレーキトラックの制約がなくなり、

 

軽量化エアロダイナミクス

注力したリム設計が行われました。

 

フルクラムは、リムブレーキと

ディスクブレーキのモデルで

それぞれに専用設計を行った

初めてのメーカーでもあります。

 

それだけ走りにこだわっているフルクラム。

いいですよね!

 

 

そして、様々なシーンも考慮に入れて

進んでいるワイドタイヤ化に合わせ、

 

リム内径19mmと、

40Cより2mmワイドになりました。

 

ところが一方!

リム設計の変更により、

40Cでは履けなかった、

ナローの23Cタイヤにも対応しました!

 

ナロータイヤユーザーにも、

ワイドタイヤユーザーにも、

とても喜ばしい仕様ですね。

 

そして、

スピード40DB

チューブレスタイヤにも対応!

 

2Way-Fitテクノロジーを採用し、

更にタイヤの選択肢の幅を広げています。

 

エアーボリュームに優れるチューブレスで、

グリップを上げて

強大なブレーキ力を最大限に享受したい

など、お好みに合わせて、

その性能を存分に楽しめます!

 

 

見た目のデザインも、

シックで人気なスピード40C

同系統ですね~。

 

渋くてかっこいいです!

SPEED40C-logo

参考:スピード40Cのデザイン

 

 

これはもう、

ディスクブレーキユーザーなら憧れる

本当に楽しみなホイールですね。

 

フルクラム2020モデルの

スピード40DB

 

フルクラムフィールドにて好評発売中です

スピード40 DB 2WAY-FIT

 

フルクラムのことなら、

専門店フルクラムフィールド

 

川内