フルクラムのホイール

フルクラムレーシング6 2019が先行入荷!レー7とどう違う?その素顔に迫る!

  • LINEで送る
racing6-logo

フルクラムホイール専門店

「フルクラムフィールド」店長の川内です。

 

残暑厳しい日々の中で、

つい先日、ちょっとだけ気温が低い日がありました。

 

それでも、夜で26度。

気温だけ見ると決して低くはないのですが、

 

寒く感じて、鼻水が出てきて、

くしゃみがとまらなくなり、、、

 

最終的に布団にくるまって寝ました。

 

 

朝にはケロっとして助かったのですが、

どうも、湿度が低かったことが一番効いていたようです。

湿度は30%代でした。

 

これからのシーズン、

日の光だけでなく、

温湿度の変化には十分気を付けて

健康にライドを楽しみましょう!!!

(と自分に言い聞かせます)

 

 

 

先日、日本発売に先駆けて入荷した

2019モデルレーシング4に続いて、

 

フルクラムレーシング6

 

がショップに入荷しましたので、

本日は、総力を挙げて!?その魅力に迫ります!

 

 

 

フルクラムレーシング6を丸裸にする

復活を遂げたレーシング6!

2018までは、レーシング7LGが

フルクラムで最廉価なエントリーモデルでした。

 

2019では、そのレー7が廃盤になり、

このレーシング6が復活しました。

 

 

復活・・・といっても

もしかしたら

ピンとこないかもしれません。

 

実は、レーシング6は

単体で販売されたことはないのですが、

スペシャライズドの完成車のホイールとして

デビューしていたのです。

 

specialized-racing6

(年数もたって流石に手元にないので、画像は拝借しました汗)

 

レーシング3のような見栄え

って声が聞こえてきそうですが、

ベースはやはりレーシング7でした。

 

 

 

 

レーシング6の位置づけは?

先ほどお伝えしましたように、

レー7LGが廃版となり、

 

新しくレーシング6が

最廉価なエントリーモデルとなりました。

 

 

気になるそのスペックは、、、

フルクラムのテクニカルデータがまだないので

詳細までは見れておりませんが、

 

一般的なカタログデータを見る限り、

レーシング7LGとほぼ同等です。

 

 

 

スポーク構成も同じ、

リアは非対称リムであることも同じ。

ただし、カタログ重量は3g軽い。

 

 

大きく異なるのは、

やはり、見た目ですね。

 

 

全体的にブラック。

2018モデルからの特長を引き継ぎ、

フリーボディもブラックタイプになりました。

 

Racing6-rear-hub

 

 

 

6”のロゴが白で

控えめなのがかなりクールですね!

 

racing6-logo

 

 

フルクラム最新作 2019モデル

フルクラムレーシング6

 

 

 

鉄下駄からの乗り換えで、

かなりパワーアップした走りが楽しめます!

 

 

日本発売に先駆けて先行入荷

絶賛発売中です♪

 

 

 

 

 

フルクラムのことなら、

専門店フルクラムフィールド

お気軽にお問い合わせください。

 

ショップ、お問合せはこちらから

フルクラムフィールド 安心のフルクラム専門店

川内