フルクラムのホイール

レーシング3 DBが遂に登場!レース、エンデュランス・・・あなたはどこで使いますか?

  • LINEで送る
Racing3DB-set-pair

フルクラム専門店

「フルクラムフィールド」店長の川内です。

 

この頃、冷えますねー。

 

最近、整体師さんに

「寒くて縮こまっていたら、そりゃ寒いよ

背筋をピンと張って姿勢をよくして、

寒くない!といえば寒くない。」

といわれ、、、

 

ただの精神論かと思いつつ、

 

朝の澄んだ冷たい空気

目一杯吸い込んで姿勢を正して

「寒くない!」と言ってみたら、

血行が良くなって

ちょっと寒さが和らぐ気がしました。

 

ぜひ、お試しください^^

 

 

さて、先日、

過去に撮った写真を整理していたら、

いい写真が出てきました。

 

びわ湖畔にある有名スポット、

「あのベンチ」

の写真です。

 

 

このベンチあのベンチは近隣の方のご厚意で

設置、管理されているのですが、

一度座ってみると、

その気持ちが何となくわかるかも^^

 

びわ湖あのベンチ

 

詳細な場所はここでは示しませんが、

滋賀県彦根市にあります。

 

ビワイチのときには、是非覗いてみてください!

 

場所を詳しくお知りになりたい場合は、

ショップのお問合せからお気軽にご連絡ください。

 

 

さて、

本日はフルクラム2019モデルの新作を

ご紹介いたします。

 

 

出来立てほやほやの

レーシング3 DB

です。

 

 

驚異の高性能ホイールですので、

リムブレーキのレーシング3のように、

ミドルグレードの中できっと、

一番人気ホイールになると思います。

 

 

満を持して登場したレーシング3 DB

レーシング3DBの位置づけは?

レーシング3のリムブレーキ版は、

2018モデルでワイドリム化して

5年の時を経て再登場しました。

 

racing3db-set

それに対して、

今回のディスクブレーキ版は、

完全に初登場です。

 

 

ディスクブレーキといえば、数年前まで

レーシング5以下しかなかったので、

ロードバイク界ディスクブレーキ

大きく舵を切っていることを肌で感じます。

 

 

今や、アルミリムのトップグレードである

レーシングゼロにもDBがあり、

上級者、初級者向けは充実しているので、

 

今回のレーシング3DBは、

中級者向けの商品ラインアップを

充実させる位置づけになります。

 

リムブレーキ版と同様、

中級者のみならず、

初心者、あるいは上級者にも

気になる存在となるでしょう。

 

 

racing3db-logo

 

 

レーシング3 DBの凄さはここだ!

レーシング3ディスクブレーキモデルは、

リムブレーキ版の良さを引き継いでいる部分と、

新しい部分があります。

 

引き継いだのは、以下の項目

– A6082 T6処理のアルミ素材

– R2切削技術

– MoMagテクノロジー

– カップ&コーンベアリング

– オーバーサイズフランジ

– ダブルパテッドステンレススポーク

 

これらにより、軽量+高剛性

力強く滑らかな走りが実現します。

 

racinge-r2milling

レーシング3のリム(A6082T6+R2切削)

 

 

そして、新しく採用されたのが、

– 19mmワイドリム

– 2WAY-FITテクノロジー

– 2:1スポークを前後に採用

 

 

リム内径19mmのワイドリムながら、

23-42mmのタイヤに対応しています。

 

また、

クリンチャーチューブレスが履け、

より低い空気圧でも走行できます。

 

 

そのため、快適性追従性が大きく向上し、

色々なシーンで活躍します!

 

ワイドタイヤ装着により接地が安定し、

ディスクブレーキによる強大な制動力

効果的に発揮できます。

 

 

レース、エンデュランス、グラベル・・・

今まではそれぞれ違うホイールを用意しようか、

と思うような場面ですが、

 

フルクラムは、それらを具体的に挙げながら

このレーシング3DB目指す姿として

この世に送り出したのです。

 

Racing3DB-set-pair

 

これから実際にどのように活躍するのか。

 

ますます楽しみなオールマイティホイール

レーシング3 DB(ディスクブレーキ)。

 

ショップにて好評発売中です♪

レーシング3 DB

 

 

 

川内